IT戦略コンサルタント

一般的な戦略コンサルタントは企業における事業戦略に関するコンサルを実行しますが、IT戦略コンサルタントは、その中でもCIOが統括する IT戦略をサポートし、様々なIT領域の課題や目標、投資を解決する役割を担う重要な職種となります。
効率的で戦略的なITの確立は企業にとっては 事業を短期間に実現し効率的に運用するためには必要不可欠なものとなります。
新規事業の領域でも、企業統合、M&A、事業売却にしても常に問題 になってくるのがIT領域というのが最近の企業の大きなトレンドです。こうした企業の抱える様々な課題や戦略を効率的でスピード感のある ITの実装で対応していくことを考えるのがIT戦略コンサルタントの役目となります。

クラウドの本格的な進展とともに、各企業のIT戦略も大きく変化しようとしています。
日本の企業はこれまで年間予算のほぼ80%以上を既存の システムの維持、保守管理に使ってきており、新たな戦略の実効性の乏しい状況が続いてきました。しかし米国では年間のIT予算の半分は固定的な インフラコストながら、残りの半分の予算はフレキシブルにIT戦略にあわせて変化させながら投資できるようになっており、日本の企業もこうした IT部門へと早期に変化することが求められています。単なる情報システム部門の統括責任者ではなく真のCIOが求められる時代なのです。

それだけに、CIOを支えるIT戦略コンサルタントの役割もこれまで以上に大きなものになってきているのです。
クラウド、仮想化をはじめとする あらたなITスキームについていち早く理解し、何がベストプラクティスであり、またオンプレミスで保有するシステムとの親和性やハイブリッド化に あたってのベストオフブリードについても、これまで以上に深い知見を必要とするのが、直近のIT戦略コンサルタントに求められる知見となっているのです。 IT戦略コンサルタントは将来的に企業のCIOのポジションにつくもっとも早道のキャリアパスをもっているとも言われます。
それほど重要な位置にいるのがこの職種となってきているのです。

フリーコンサルタントのコンサル案件紹介