PMOコンサルタント

ITコンサルタントとしてSI実装のプロジェクトマネージャー実績があればPMOコンサルタントとして働いていくことができます。
PMOは本人自身のIT経験の豊富さもさることながらプロジェクトメンバーとの人間関係やメンタリティなどにも注意を払う必要があり、 スケジュールに遅滞のないようにする高度な管理能力を問われることになります。

特に大型プロジェクトでは想定外の問題も起こりやすく。PMOコンサルタント自身が強固な精神力をもつことが要求されます。
最近の大型プロジェクト案件では単にERPやSCMの知見というよりも、さらに総合力を求められるケースが多く、数多くの プロジェクトマネジメント経験があるコンサルタントは市場でも高く評価され、高いニーズがあります。コンサルファームの場合、 プロジェクトの遅れと想定時間を越えた人月投入は大きなライトオフの要因となるため、コスト管理はとりもなおさずスケジュール管理とリンクしています。

PMOは通常クライアントサイドの部門名であり、特定業界ではIT部門に併設された社内プロジェクト管理部門としての役割を果たしている ケースが多くなります。
ITコンサルティング会社や、SIer、ベンダーのように顧客サービスとしてITプロジェクトを複数抱える事業者での 経験を活かして、一般事業会社などのIT部門や業務部門等で常時複数のプロジェクト案件を抱える大企業で働くようになる人も多く、 その需要は想像以上に広がりを見せています。

とくに社内に常駐するPMOは自社の利害関係を調整しながら仕事をすることを求められるため、外部のコンサルファームのPMOよりもさらに 微妙な舵取りを要求されることになります。
多くのコンサルファームでのPMO経験者は次のステージとしてクライアントサイドに移行する ことも多く、ITコンサルタントとはまた別のキャリアパスも広がる、なかなか夢のある仕事であるということができそうです。
ただ、それだけに求められる知見や能力の幅も広くなり、やりがいもあるものの責任も大きな職種ということになります。

PMO・SAP案件の紹介